「ちゃおつー」を大量作る

我が家では餃子のことを「ちゃおつー」と呼んでいます。
息子がまだ、保育園に行っていたころ、中国人の先生が保育園にいて、息子に、餃子は「ちゃおつー」だよと教えてくれたそうです。

それから、我が家では餃子を「ちゃおつー」と言っているののです。
しかし、「ちゃおつー」の正しい発音は定かではないので、中国に行っても通じない中国語かもしれません。

そして、今夜の我が家の夕飯は手作り「ちゃおつー」です。

夫が具を作り、私が、小麦粉から、皮をつくりました。
皮まで手作りなのは、久しぶりで、ちょっと、面倒ではありますが、手作りのモチモチ皮は絶品なので、がんばりました。

ちゃおつーの成形は、手先が器用な夫です。
一人で、100個近いちゃおつーを作ってくれました。

私が手伝うと焼きづらい形になるそうなので、夫に焼くところまで、全部お願いしました。

絶品ちゃおつーを家族で堪能しました。